メンズ

突然起こってしまう心筋梗塞は日頃から予防しておけば回避できる

大切な心臓を守る方法

診察室

病気の原因と症状

急性心筋梗塞は突然死の原因とされており、前兆が無い為に早期発見と早期治療は難しいとされている病気の一つです。医療技術が進歩する中で、心筋梗塞を予防する為の方法なども数多く公表されていますが、食事や生活の中で体に良くない物も多くなっています。心筋梗塞とは心臓が酸欠になる事で栄養不足になって心臓の一部が壊死してしまう状態の事であり、早期に発見する事が重用になります。心臓は心筋と呼ばれる筋肉でできており、この筋肉が壊死する事によって体中に血液や酸素を運ぶ事が出来なくなるので、他の臓器も動かなくなってしまいます。心筋梗塞は心臓の病気である為、症状としては激しい胸の痛みを感じ、その痛みが意外に長く続くので異変を感じたら救急車を呼ぶ事が大切です。

心臓を守る方法

心筋梗塞になる事によって不整脈になってしまう事もあるので、救急車が到着するまでAEDを使用したり心臓マッサージをする事が大切です。心筋梗塞を予防する為には原因を知る事が必要ですが、その原因には動脈硬化や血栓によるものがあり、これらを予防する事が必要です。心筋梗塞を内科的治療する際には、カテーテルや血栓溶解薬などを使用し、外科的治療の場合にはバイパス手術などが選ばれます。心筋梗塞の原因として、動脈硬化や高血圧、高コレステロールや喫煙などがあるので、普段の食生活や生活習慣を見直す事で予防する事が出来ます。心筋梗塞を予防する為には定期的に心電図検査を受けて、心臓の健康を管理する事が必要であり、その原因となる病気の改善も必要です。

日本人のがん死亡率第3位

ナース

大腸がんは、日本におけるガンの死亡率が第3位となって、近年注目を集め、大腸がんにならないための情報が多く世に出てきています。初期症状の情報などもネット等に開示されていますので、当てはまる方がいる場合、すぐにでも病院に行くことをお勧めします。

More Detail

靱帯が骨になる病気

レディ

後縦靱帯骨化症とは、靱帯が骨になる病気でリハビリと薬物による治療が行われるのが一般的です。症状が急に進行することがあるので、体に負担がないように過ごしながらちょっとした怪我にも十分気をつける必要があります。

More Detail

早期発見が最も大事

医師と患者

大腸がんによる死亡者数は年々増加傾向にあります。自覚症状もこれといって無く、自ら気づいた頃には手遅れのケースもあります。しかし、大腸がんは進行が遅いがんなので、定期的な検査を受けていれば大事になる前に治療することができ、健康な生活を送ることができます。

More Detail